プラセンタとは

プラセンタとは

 

プラセンタとは、日本語では胎盤を意味します。胎盤は1つの受精卵が赤ちゃんになるまでに育てられる器官であるためにほ乳類だけに存在します。人や牛、豚、羊、馬等などのほ乳類の胎盤のことをいいます。

 

 

プラセンタはなぜ、アンチエイジングや美容に良いのか?

 

 

人の命は、わずかひとつの受精卵から始まります。ひとつの受精卵は、10ヶ月という短期間で60兆個の細胞を持つ胎児に成長します。この期間は細胞分裂を繰り返して、様々な組織や器官に分化する役割を果たしていくのが胎盤なのです。胎盤は、赤ちゃんを保護する働きだけでなく、老廃物の排泄作用や、酵素や栄養分などを届ける大切な器官でもあります。

 

 

美容成分として有名なコラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタとは。

 

 

肌の伸縮性や弾力性をもたらすコラーゲン。それは、加齢とともに減少していきます。そこで、それを補おうと、コラーゲン自体を飲んだり、塗ったりしますが、実際の所、実感しづらいのは、直接お肌に届くわけではないからですが、コラーゲンはアンチエイジングや豊麗線対策には効果などが上げられています。

 

 

ヒアルノン酸は化粧品などによく使われていて、大事なお肌の真皮には浸透せず、局地的で短期集中型の保水力を備わっています。ヒアルロン酸の力を発揮させるためには、コラーゲンやコンドロイチン硫酸などのムコ多糖が必要となります。

 

 

プラセンタの成分には5大栄養素であるタンパク質からビタミン、ミネラル、脂質や糖質の他に、核酸や酵素、ムコ多糖体、活性ペプチド、アミノ酸や成長因子が含まれています。また、コラーゲンやエラスチンからヒアルロン酸の生成をサポートする働きがあると言われています。