プラセンタEXのプラセンタ

プラセンタEXのプラセンタ

 

プラセンタEXのプラセンタは国産サラブレッドの馬プラセンタになります。

 

 

人や牛、豚のプラセンタ原料を製造していた企業がたどりついたのが、馬プラセンタです。馬プラセンタは他の動物に比べて、病気感染に大変デリケートであり、徹底した衛生管理システムが備わっていて、安全面もしっかりしています。

 

 

安心の国産の馬プラセンタを作るには、トレーサビリティーが重要となります。プラセンタEXでは食肉用の馬ではなく、競走馬のサラブレッドの胎盤を使用しています。

 

 

食育用の場合、成体まで成長した馬をモンゴルから輸入したり、馬を肥やすために栄養過多になりやすいという問題があります。サラブレッドの胎盤は肉質がしっかりしていて、食肉用の馬と比べても脂質が少ないのが特徴で、有効成分も多くあり、洗浄後でも成分が洗い流されることがありません。

 

 

プラセンタを摂取するには低分子化する必要があります。プラセンタEX100ではナノ化されたプラセンタで吸収力がアップして、プラセンタの品質を左右する抽出技術にも秀でています。ニオイ低減も含めた特集な抽出技術は、長年の製造技術が必要です。

 

 

プラセンタEX100では、製薬メーカーによる、医薬品の抽出方法に準拠した特殊製法技術を採用して、プラセンタエキスの低分子化により、吸収率がアップして、浸透性にも優れています。